カラシビ味噌らー麺鬼金棒

カラシビ味噌らー麺・つけ麺 鬼金棒の口コミ・評判まとめ

カラシビ味噌らー麺・つけ麺 鬼金棒の高評価な口コミ

何度も行って、解ったこと。
山椒好きだと思っていた自分も、山椒増し、にしないほうが、ここは美味しい。唐辛子は増しでも味は変わらないけど、山椒はやりすぎちゃうと、味すら解らなくなる。
そもそも、どっちも抜きで、味が美味しい。
特製カラシビ味噌ラーメンを頂きました。
辛くて痺れるスープに太めのコシ強麺、角煮みたいなチャーシュー、味付けで炒めたモヤシ。
もう何度も行っていますが、この店でしか食べられない味。
辛さ、痺れ(山椒)が苦手な方は調整できます。個人的には最高のラーメンの1つだと思います。
とても美味しかったです。お昼の14時ぐらいに行きましたが満席。びっくりしました。普通頼みましたが、辛さもしびれもあまり感じず。
次はもう1ランク上げてみようと思います。楽しみです
辛さと痺れを絶妙に配合した味噌ラーメン。
卓上のスパイスを追加すると自由に強化できる。
名店『麺屋 武蔵』の元店長の店
『鬼金棒』は濃厚なダシが効いていて、自分のラーメンランキングではベスト3に入りました。
らーめんは味噌仕立ての濃厚な動物系が強い味で花山椒の香りは最高な感じでした。麺の旨さや具材の美味さはさすがでオススメです。
カラシビ控えめのほうが、美味さを楽しめます。
イキってカラシビマシマシにして失敗した。
うまかったけども。
名前からインパクト有りなうえ、店内も負けじと内装に凝ってます!笑
そして名前に負けない攻撃的なラーメン!!これは美味かった!

カラシビ味噌らー麺・つけ麺 鬼金棒の低評価な口コミ

辛すぎると腹を下すので少なめで頼んだところ
辛マシがやってきてひどい目に合った。
本日はバイト君が作ってるらしくいつもの麺と硬さも違うし
本当散々な目にあって悲しくなりました。
バイト君を育てながらいつもと同じ味を提供できるとは思えません
ファンなので苦言を呈しておきます。
水がヌルすぎ。痺れを楽しめない。
提供が遅すぎ、人が足りないアピールのおしゃべりばかりで態度も悪い。
(左手にサポーターをした茶髪の日本人)
味は悪くないのに、店員さんの間違いや回し方?が最低です。
そして、偉そうなの。おしゃべり多いし。
外国人の人もたくさん来る分、日本のイメージが悪くなるのは嫌だな〜
味がまあまあ普通です。評価3.5の店と同じぐらいと思います。混雑した時に、スタッフの態度が悪く、おもてなし感が一切ないと感じました。さらに店の地面も汚く、足が滑りやすかったので、1に評価しました。もう二度と行きたくない店です。
山椒強過ぎ、辛さが強く味わえない。
味は美味しいんだけど、混んでる時の並び順が分からなすぎる。空いてる奥側で待とうとしたら「割り込まないでください」と言われた。
並び順ぐらいは貼っておいてほしい。こんな感じならラーメンの方に行った方が良さそう

カラシビ味噌らー麺・つけ麺 鬼金棒の中間的な口コミ

唐辛子の『カラ』と山椒の『シビ』のカラシビ味噌らー麺。
近所さんだけど 実は初めての訪問。
いたってノーマルな拉麺を注文。
ふむふむ カラとシビだね。
汗かきながら食べる夏向きの拉麺ですね。
さすがにスープは飲み干せなかった。
チャーシュー含め、全体的に濃い目の味付けなので若い人向けなのかな。
やめられない位美味しいです。店内が暑いのでいつも汗だく、、もう少しエアコン効かして欲しい。
辛さと痺れを求めるなら最低でも両方とも増さないといけない。小ライスを頼んだら米の水分が完全に抜けた部分もよそわれていて、それが少しマイナスだった。
いいラーメン。しかし、かなり塩辛い!
店内のコンセプトが面白い。
鬼のお面がいくつもあってちょっとだけ怖いかも。
カラシビ味噌ラーメンは思ったより辛くなかったです。
ヤングコーンは正直いらなかったかな。ごろっと大きめのチャーシューは
柔らかくて美味しかったです。

カラシビ味噌らー麺・つけ麺 鬼金棒の口コミまとめ

カラシビで有名な都内のラーメン店というだけあって辛さと山椒のシビレに対して高評価が多いです。一方で辛い物が苦手な人からの辛すぎるといった低評価も若干見られます。

味以外では店員のオペレーションや接客態度がよくないという口コミも目立ちました。人気店だけにスタッフの教育をする暇がないのかもしれませんが、美味しいラーメンを気持ちよく食べられるようにもスタッフの教育はちゃんとしていただけると嬉しいですね。

カラシビ味噌らー麺鬼金棒はファミリーマートとコラボしてカップラーメンにもなっています。カップラーメンになった明星 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺の実食レビューはこちら⇒ガチレビュー:『ファミリーマート 明星 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺-実食レビュー:辛さとしびれが一口食べたら止まらない。からしびスープが美味しい!』


Pick UP!
ミニ四駆にはまったカメラマンがプラモデルにもはまっちゃいました。プラモの制作日記や撮影した写真を公開しています!
Plamodeler
  1. この記事へのコメントはありません。