NIPT(新型出生前診断)ってなに?

NIPTとは母体から採血をした血液を検査して、胎児の染色体異常を調べる検査のことです。

生まれてくる赤ちゃんが病気や異常をもっているかを調べるための検査であり、ダウン症などの先天的な疾患の一部を検査することができます。従来は妊娠10週目以降に検査をすることができたのですが、最近では検査技術の進歩によって平石クリニックやDNA先端医療株式会社のように妊娠6週目から検査ができる医療機関も出ています。

これまで主流だった羊水検査は母体の腹部から羊水を採取するため、流産のリスクがあります。自然流産を含んだ羊水検査の流産リスクは0.3%といわれており、羊水検査が原因と考えられる流産リスクは0.1%といわれています。0.1%といわれたら低い確率かと思われますがおよそ1000回に一回の確率です。この数値を高いと思うか低いと思うかは人それぞれですが、羊水検査1,000回に一回ほどの確率で流産のリスクがあるということは理解してください。

羊水検査のリスク

羊水検査はお腹から細い穿刺針を用いて羊水を吸引します。痛みを軽減するために局所麻酔をしますが、人によっては鈍い痛みを感じる方や、検査後数日間は痛みを感じる方もいるそうです。

NIPT(新型出生前診断)では母体からの採血で検査ができるので、羊水検査のような流産のリスクもありません

そしてNIPTの優れているポイントとしては精度が高いということがあります。検査結果が陰性(異常などがない)の場合の的中率は99.9%といわれるほどです。これは従来の出生前診断の的中率を大きく上回っています。

NIPT(新型出生前診断)は母体にも胎児にも優しい検査!

NIPTは負担が少ないだけでなくリスクもないので母体と胎児に優しい検査です。

一人でも多くの妊婦さんの不安を解消するために、東京都内でNIPT(新型出生前診断)を受けられる病院・クリニックを徹底比較をしました!

認可施設と認定外施設って何が違うの?

NIPTの検査ができる医療機関は大きく分けると認定(認可)施設とか認定外(無認可)施設に分けられます。認定(認可)施設は公益社団法人日本産科婦人科学会が認定しているNIPT実施施設のことです。注目するポイントとしては法律で定められたものではなく、日本産科婦人科学会が独自の基準で認定しているというものです。

では認定外(無認可)はどうなの?

認定施設ではNIPT検査を受けられるのは原則35歳以上という大きなハードルがあります。そのほかにもNIPT検査を受けた病院での分娩が必要だったり、紹介状が必要だったりと年齢制限以外にも様々なハードルや条件があるのが最大のネックです。一方の認定外施設では年齢制限などの条件がなくNIPT検査を受けることができます。

また検査項目も認定施設では13,18,21番染色体の検査のみと定められていますが、認定外施設では認可施設が行っている13,18,21番染色体の検査のほかにも性染色体検査や微小欠失検査といったより詳細な検査も行っている病院があります。

イメージとしては認定施設はかなり保守的な感じ。
認定外施設は検査の年齢制限や厳しい条件をなくしたり、詳細な検査も行ったりと先進的な感じかな。

海外では出生前診断ってどんな状況なの?

イギリスでは費用を国が全額負担!

イギリスはダウン症症候群の早期診断スクリーニング事業が実施されていた、全妊婦さんが出生前診断を受けることを推奨されています。費用は国が全額負担をし、陽性だった場合の中絶費用も全額国が負担をする制度があります。

イギリスはほぼすべての妊婦さんが検査を受けているんだね!
その他にも保険適用や補助があったりと多くの妊婦さんが検査を受けているみたいだよ。

NIPTにかかる費用相場

NIPT(新型出生前診断)の検査費用は病院や検査項目によって様々ですが、通常、頻度の多いダウン症候群(21トリソミー)、エドワーズ症候群(18トリソミー)、パトウ症候群(13トリソミー)といった染色体異常の検査が基本料金に含まれており、それ以外の検査はオプションになっている医療機関がほとんどです。基本項目から追加で調べたい染色体・遺伝子異常が増えれば増えるほど、費用は高額になります。 また、NIPTの費用にカウンセリングの費用も含まれているかも確認する必要があるでしょう。

検査費用は概ね20万円前後が一般的な金額です。出産までにもお金はかかるし、生まれてくる赤ちゃんのために必要なものをそろえていくとなると出費はできるだけ抑えたいですよね。

NIPTで陽性の場合にかかる費用相場

もしもNIPTで検査結果が陽性と出た場合、本当に疾患があるかを確定するために羊水検査や絨毛検査等の確定診断が必要です。というのも、検査精度が高いといわれるNIPTでも、偽陽性の出る可能性があるためです。

偽陽性とは、NIPTでは陽性という結果が出たけど、実際には陽性ではないということです。NIPTは感度・特異度・的中率が高く、他の非確定検査と比べたら精度は高いといえますが、偽陽性が出る可能性はあります。

そのため、確定診断として羊水検査や絨毛検査を実施します。羊水検査とは、子宮内にある羊水を注射針で吸って採取し、胎児の染色体や遺伝子を調べる検査です。絨毛検査は子宮の一部を注射針で採取し、同様に胎児の染色体を検査します。

どちらもほぼ100%の確率で診断できると考えられており、NIPTで陽性になった場合は羊水検査か絨毛検査のどちらかの検査が必要です。

どちらの検査も保険適用外のためすべて自費での診療となり20万円前後の検査費用がかかります。平石クリニックのように万が一陽性だった場合には確定検査の費用を全額負担してくれるクリニックもあります。

そこで東京都内でNIPTを受検できる全ての病院・クリニック(2024年1月調査時点)から厳選した病院・クリニックをご紹介します!

コスパ重視ならラジュボークリニック(港区青山)

ラジュボークリニック

8万円(税別)からできるNIPT!
トリソミー検査

ラジュボークリニックでは8万円(税別)のミニマムプランを用意しています。このミニマムプランでは13番染色体(パトー症候群)、18番染色体(エドワーズ症候群)、21番染色体(ダウン症候群)を調べることができます。

ラジュボークリニックのNIPT料金プラン

ミニマムプラン:8万円(税別)
(A)シンプルプラン:12万円(税別)
(B)スタンダードプラン:15万円(税別)
(C)フルセットプラン:17万円(税別)

8万円(税別)からNIPTを受けることができるのはうれしいですね!
検査費用が安いけど検査精度が99.98%なので安心して検査を受けられます!
一人でも多くの妊婦さんに検査を受けてほしいからミニマムプランを用意したみたいです!
シンプルプラン以上の検査をすることで、陽性だった場合には羊水検査費用を全額負担してくれるんです!
羊水検査は約10~20万円かかるので全額負担してくれるので万が一の時も安心できますね!
コスパだけじゃない!ラジュボークリニックがオススメな理由!

来院前でも検査後でも認定遺伝カウンセラーの無料相談がある!

はじめての妊娠で不安なこともあるけど専門家の「認定遺伝カウンセラー」に相談できると安心できますね。しかも自宅にいながら相談できるんです!

土日でも検査ができる!しかも時間は30分くらいでOK

土日でも検査ができるので働いている人にもオススメ♪しかも30分くらいで終わるのは嬉しい!

希望すれば性別も調べてくれる!

性別を教えてくれるから服とか準備できていいよね♪

主要な都市に提携院がある

地方在住の私でもアクセスしやすいところに提携院があったので検査に行きやすかった(*´ω`*)

検査をするのに年齢制限がない!

35歳未満だとNIPTを受けられない病院も多いので年齢制限がなく検査できるのはいいですね!

ラジュボークリニック詳細情報

青山ラジュボークリニック
〒107-0062 東京都港区南青山2-13-7 マトリス2F
地下鉄銀座線「外苑前駅」4番出口 徒歩2分
地下鉄半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」5番出口 徒歩5分
診療時間
火~土 : 11:00〜19:30
日・祝祭日 : 11:00〜18:30
※月曜休診

ラジュボークリニックでNIPTのご予約・ご相談はこちらから!

公式サイトはこちら


ラジュボークリニック以外で費用が安いクリニックは?

ラジュボークリニック以外にも東京都内でNIPT(新型出生前検査)を低価格で扱っているクリニックとしては「ヒロクリニック(税込5.5万円~)」や「プレママクリニック(税込5.5万円~)」、「A クリニック(税込9.68万円~)」などがありますが、価格の安さだけでなく、認定遺伝カウンセラーが在籍しているので安心してNIPT検査を受けられるということと、検査ができるクリニックが都内で4施設もあるということで当サイトとしては都内で費用・コストパフォーマンスでNIPT(新型出生前検査)を選ぶならば第一位は『ラジュボークリニック』とさせていただきました!

NIPT(新型出生前診断)を安心感で選ぶなら?

生まれてきてくれる赤ちゃんのためにも安心してNIPT検査を受けたいですよね。

NIPT(新型出生前診断)の実績や妊婦さんの口コミから総合的にみて東京都内で安心してNIPTを受けられる全49の病院・クリニック(2024年1月調査時点)から厳選してご紹介します!

安心感重視なら平石クリニック(渋谷区恵比寿ほか全国に多数)

妊婦さんからの満足度が5年連続95%以上!

平石クリニックの満足度
※日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2019年,2020年,2021年,2022年,2023年1-7月,新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査。

とにかく実際に検査を受けた妊婦さんからの満足度が高い!

日本マーケティングリサーチ機構というところが行った調査結果によると、妊婦さんの満足度が2019年は95%、2020年は97%、2021年97%、2022年1月から7月だと96%もあるようです。これって平石クリニックでNIPTを受けた妊婦さんのほぼ全員が平石クリニックでNIPTを受けて満足したってことですよね。これだけの実績があるのでこれからNIPTを受けようと思っている妊婦さんもきっと満足できるはずです!

平石クリニックの満足度が高いというのはNIPTの口コミサイト『みんなのNIPT』からでもわかります。投稿された口コミの数と内容は他のクリニックとは一線を画しています。⇒平石クリニックの口コミはこちらから『みんなのNIPT-平石クリニックの口コミ

平石クリニックの満足度はなんでこんなに高いの?

いくらなんでも満足度がほぼ100%って高すぎると思いませんか?そこで平石クリニックのGoogleの口コミを調べてみました!
※Googleで「平石クリニック」を検索して表示された「Googleの口コミ」からNIPTに関する口コミを抜粋。プライバシーに考慮して名前には処理をかけています。

平石クリニックのGoogle口コミ1
平石クリニックのGoogle口コミ2
平石クリニックのGoogle口コミ3
平石クリニックのGoogle口コミ4
平石クリニックのGoogle口コミ5

口コミを見ると満足度が高い要因はいろいろありそうですが共通しているのは『わかりやすく丁寧な説明』、『先生や看護師さんの人柄』の2点でしょうか。

ほとんどの人がNIPT検査をするのは初めての経験だと思いますが、そのようなときに先生が優しくて説明が丁寧なクリニックだと安心して検査を受けられますよね。

日本では平石クリニックだけ!妊娠6週目からNIPTが出来る!

平石クリニックではなんと妊娠6週目の段階でNIPTで検査ができるのです!一般的なNIPT実施施設では妊娠10週目から検査ができます。

平石クリニックの早期NIPT

独特なNIPTの検査プランを提供していて、調べた中では一番検査プランが多く独自色を出しているミネルバクリニック(URL:https://minerva-clinic.or.jp/)でも、妊娠9週0日から検査ができるとのことですが、平石クリニックではミネルバクリニックより3週も早い段階からNIPTができるというのはすごすぎます!日本で一番早くNIPTを受けることが出来るのは平石クリニックですね♪

※2023年9月追記。ミネルバクリニックやヒロクリニックも平石クリニックの真似をして早期のNIPT検査を始めました。早期検査のパイオニアであり実績が豊富な平石クリニックと、後追いで真似をしているミネルバクリニックやヒロクリニック。どちらのほうが安心、信頼できるかは明白ですね。

平石クリニックは妊娠6週目からNIPTができます!日本一早くNIPTを受けられるのは平石クリニック!
NIPTが2回受けられる!しかも費用は一回分!

平石クリニックのNIPTは一回分の検査費用で妊娠6週~9週目で一回目、妊娠10週以降で二回目のNIPTの検査をすることができます。二回検査を受けてどちらも陰性であればものすごく安心できますよね!もし一回目の検査で陽性となってしまった場合でも早くから情報を集めることが出来るので平石クリニックがオススメですね♪

※2023年9月追記。ヒロクリニックも平石クリニックの真似をして2回目検査無料というキャンペーンを行っているようです。しかし、ヒロクリニックは9月24日までのキャンペーン価格とのことです。

※2023年10月追記。ヒロクリニックの二回目検査(Early NIPT)は+33,000円のオプション扱いになります。

ヒロクリニック費用引用:ヒロクリニック

一回分の検査費用で二回もNIPTを受けられるのは平石クリニックだけ!
満足度が高いだけじゃない!平石クリニックがオススメな理由!

日本全国に提携院がある。

日本全国に80近い提携院があるくらい規模が大きいと安心できるよね(*´ω`*)
都内だけでも7つも提携院があるから行きやすいのも◎

院長の平石貴久医師は出生前診断のパイオニア的存在

平石クリニックの院長である平石貴久医師は2021年2月3日放送のフジテレビ『ホンマでっか!?TV』・【ホンマでっか!?人生相談「やるかやらないかはアナタ次第」】に出生前診断評論家として出演しています。それだけじゃなく、新型出生前診断のセミナーを開催したりと日本の妊婦さんが安心してNIPTを受けられるように活動をしているNIPTのパイオニア的存在です♪

来院前でも検査後でも認定遺伝カウンセラーの無料相談がある!

はじめての妊娠で不安なこともあるけど専門家の「認定遺伝カウンセラー」に相談できると安心できますね。熱い夏の日や寒い真冬に悪阻がつらい中出かけて病院で何十分も待つのはつらすぎます。自宅や好きな場所で専門家に相談できるのは素晴らしい!

検査結果が陽性だった場合、羊水検査費用を全額負担してくれる

羊水検査って10~20万円くらいかかっちゃうから、費用を全額負担してくれるのはすごく助かります!

土日でも検査ができる!しかも当日の予約も対応OK

土日でも検査ができるので働いている人にもオススメ♪しかも30分くらいで終わるのは嬉しい!

検査結果が最短3日で届く!

検査が日本一はやく6週からできるのに、結果も最短3日で届くのはすごい!早く結果を知ると早く安心できたり、早く次の行動ができるからいいこと尽くしですね♪

検査をするのに年齢制限がない!

35歳未満だとNIPTを受けられない病院も多いので年齢制限がなく検査できるのはいいですね!

平石クリニックの詳細情報

平石クリニック
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿1-10-7 MMSビル6F
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 4番出口徒歩1分 / JR山手線 恵比寿駅 西口出口徒歩1分
診療時間
午前10:00 – 午後19:00
休診日
不定休


平石クリニックでNIPTのご予約・ご相談はこちらから!

平石クリニックHPはこちら

みんなのレビューをみる


安心感重視なら平石クリニック(渋谷区恵比寿ほか全国に多数)

【結論】東京でNIPTを受けるならこの2択

コスパ重視ならラジュボークリニック(東京都港区青山)

ラジュボークリニックHPはこちら

安心感重視なら平石クリニック(東京都渋谷区恵比寿ほか全国多数)

平石クリニックHPはこちら

安くNIPT検査をしたいならラジュボークリニック!
安心感を重視するなら平石クリニック!
このどちらかを選んでおけば後悔しないよね♪
どちらも認定遺伝カウンセラーの無料電話相談があるのも評価ポイントUP!
(35歳未満でも受けられる認可外のクリニックがいいんだけど、都内認可外のクリニックではラジュボークリニックと平石クリニック以外では認定遺伝カウンセラーがいるところがなかった(*´Д`)

付録:東京でNIPTが受けられる病院一覧(2023年9月時点)

認定外施設

渋谷区
NIPT平石クリニック
恵比寿内科クリニック
港区
BTRアーツ銀座クリニック
エイベックスビルクリニック
ティーアイクリニック
メディカルブランチ表参道
芝国際クリニック
神宮外苑ミネルバクリニック
千代田区
神田西口クリニック
パレスクリニック
紀尾井町プラザクリニック
中央区
LETICIAクリニック
Boocs ホリスティッククリニック東京
Gクリニック
グランプロクリニック銀座
にしやま由美東京銀座クリニック
銀座TAクリニック
ヒロクリニック
Clinic EMMA the Ginza
銀座Mita クリニック
八重洲セムクリニック
東京エバーグリーンクリニック
A CLINIC
品川区
みやざきRCクリニック
目黒外科
豊島区
銀座国際美容外科 池袋院
中野区
上高田クリニック
江東区
ドクター小池クリニック
台東区
C5クリニック東京
練馬区
東京メディカルクリニック平和台駅前院
大田区
東海渡井クリニック
蒲田よしのクリニック

認定施設

港区
山王病院
東京慈恵会医科大学附属病院
総合母子保健センター愛育病院
渋谷区
日本赤十字社医療センター
新宿区
東京女子医科大学
慶應義塾大学病院
東京医科大学病院
世田谷区
国立成育医療研究センター
大田区
東邦大学医療センター大森病院
中央区
聖路加国際病院
板橋区
帝京大学医学部附属病院
品川区
昭和大学病院
文京区
日本医科大学付属病院
東京大学医学部附属病院
東京医科歯科大学医学部附属病院
三鷹市
杏林大学医学部付属病院
府中市
榊原記念病院

東京でNIPTを受けるならオススメはこちら!

コスパ重視ならラジュボークリニック(港区青山)

ラジュボークリニック公式サイトはこちら

安心感重視なら平石クリニック(渋谷区恵比寿ほか全国に多数)

平石クリニック公式サイトはこちら


運営者情報

TOP